カテゴリー「 スラムダンク 」の記事

2件の投稿

スポーツ漫画といえば野球漫画(ドカベン、H2、タッチ等)サッカー漫画(キャプテン翼等)が真っ先に思い浮かべられ人気も高い。

しかし、私が最高傑作として紹介したいのは「スラムダンク」だ。

スラムダンクのあらすじ

高校1年の春から夏のインターハイまでを連載期間6年で描くという大作。

連載当時まだマイナーだったバスケットボールに興味を持つきっかけになった人も多いのでは。

あまりバスケットボールを詳しくない人でも読みやすくルールや基礎知識の解説もストーリーのなかに組み込まれている。

主人公、桜木花道を筆頭に個性的な登場人物が多く、読み手はいずれかの登場人物に自分を重ねて共感できる部分が多いのではないだろうか。

スラムダンクで共感したのは三井

私は三井寿に共感する点があった。

 

三井は中学時代MVPを獲得するほどの逸材で高校でも活躍を見込まれていた。

しかし、高校入学後、怪我に見舞われ同級生の赤木に活躍の場を奪われてしまう。

怪我からの復帰の見通しも立たずだんだんと非行に走っていってしまった。

バスケットをしたいという自分の思いに蓋をして・・・。

 

3年生になり心を入れ替えバスケットボール部に戻ってきた三井。

思い通りに行かない悔しさから立場を投げ出したくなる気持ちは非常に共感できる点があった。
(投げ出したくても投げ出してはいけないのはもちろんだが)

 

三井の他にも主人公のチームメート流川、赤木、宮城やライバル高の選手など一人ひとりの個性が細かく描かれており共感できるポイントが多いのがこの漫画の素晴らしい点である。

 

読んだことのない方は是非一度読んでいただきたい。

30代後半の女性です。

スラムダンクというバスケットボールの漫画が好きです。

スラムダンクの良いところは、登場人物が魅力的なところ

バスケットボール未経験者の主人公桜木が、高校からバスケットボール部に入会するところから始まり、成長していく物語です。

インターハイに向けて予選から繰り広げられる死闘や人間模様などが描かれていて、試合内容も素晴らしいと思います。

この漫画の良いところは、登場人物が魅力的なところです。

外見のカッコよさで最初は引かれましたが、各キャラが上手に描かれていますので背景などもわかり、感情も移りやすいです。

主人公が所属する湘北高校のバスケ部のメンバーは変わらないけれど、新しい試合が始まる度に新キャラがあらわれたり、試合展開にもドキドキワクワクします。

敵となるライバルのチームのことも詳しく描かれていて、みんな応援したくなるメンバーです。

どんどん好きなキャラが出てくるので、漫画自体を見逃せません。

スラムダンクは、学生から大人までしっかり楽しめる漫画

高校生の物語ですので、学生から大人までしっかり楽しめる漫画だと思います。

漫画は全巻持っていますが、実家に住んでいたころ兄とこの話を良くしました。

兄も同じくこの物語にハマったようで、新刊が出る度に話が盛り上がったりもしました。

今までも実写の話が出ていますが、イメージが変わるようなら見たくないです。

違った話として受け入れると思います。

各キャラにファンも多いですので、難しそうです。

同時期に流行していた美少女戦士セーラームーンも好きでした。

PAGE TOP