スラムダンクは、今、色々な出版形態で楽しめます

40代半ばの男性です。

好きな漫画は、スラムダンクです。

作品自体は古いので作者の公式サイトしかありませんが、URLは以下のとおりです。

スラムダンクの内容

この作品は、今で言うヤンキー主人公である桜木花道が、高校入学した時から始まります。

ふとした出会いから飛び込んだバスケットボールの世界。

バスケットに惹き込まれ、周りの登場人物を巻き込みながら、試合を勝ち進んでいくサクセスストーリーです。

主要人物は、まず最初に同学年のライバルとなる流川楓。

三年生の赤木の三人からスタート。

途中から二年生のリョータ、三年生の三井を加えていくことになります。

このあたりは連載当時の少年ジャンプの主流であった「登場時点ではライバルだが倒すことによって最強の仲間になっていく」という流れをくんでいます。

主要登場人物5人のそれぞれの成長物語に加え、ライバルチームである他校のキャラクターも、それぞれが個性的で読者を飽きさせることがありません。

そしてずっと勝ち続けるわけではなく、敗北を経て更に強くなるという成長もキチンと描かれています。

単行本をあらためて全巻通して読んでみると

連載当時は気づきませんでしたが、単行本となってあらためて全巻通して読んでみると、この物語は、主人公の花道が高校入学してからわずか三〜四ヶ月の間の話であったことに驚きます。

それくらい展開にまだるっこしさは感じられません。

作画・コマ割りも、話が進むにつれてどんどん上手くなっていっているのが感じられてとても良かったです。

作品としては特に後半未回収の伏線を残したまま完結することになります。

が、これはこれで読者の想像が膨らむので良いのかもしれません。

それでも、何年か経って作者の気が変わって続編を描こうと思ったら、いくらでもストーリーが考えられそうです。

なので、期待はしないで待ってみようかな・・・とも思います。

様々な体裁での巻が出ています。

ちなみに、今なら連載当時のカラーページも再現した「完全版」や、ストーリー展開によって巻の区切りを分けた「再編集版」が出ています。

お好きな方で、久しぶりに読んでみるのも良いかもしれません。

更に、「あれから10日後」と題して、作者自ら描き下ろしたアフターストーリーもあります。

本編が好きな方は是非読んでみてください。

その他に好きな漫画は「風雲児たち」、「桜玉吉の漫画全般」、「インベスターZ」、「ジョジョの奇妙な冒険」などです。

車椅子バスケットボール

20代後半の女性です。

私が好きな漫画は井上雄彦さんのリアルという漫画です。

「リアル」のあらすじ

リアルのあらすじです。

バイクの2人乗りをし、後ろに乗せていた女の子を下半身付随の体にしてしまった野宮という少年が、事故が原因で高校退学になってしまうところから始まります。

野宮はバスケットボール部でした。

退学になりバスケットボールをする場所を失ってしまいます。

虚無な想いの中、野宮は車椅子バスケットボールをしている片脚が義足の戸川という少年に出会います。

戸川は、病気により片脚と夢を失ってしまった過去を持っていました。

野宮は、車椅子バスケットボールに闘志を燃やす戸川に出会い、再びバスケットボールへの熱い気持ちを思い出すのです。

その頃、野宮と同じ高校のバスケットボール部キャプテンの高橋が自転車とトラックの衝突事故に遭い、下半身付随の体になってしまいます。

それぞれの障害を持った3人の少年が、バスケットボールを通して大人になっていく物語です。

「リアル」に惹かれるところ

バスケットがしたいのにできない野宮。

一度夢を諦め車椅子バスケットボールをする戸川。

全てを失ってしまった高橋。

3人の少年のいろんなもどかしさに読者も悔しくなったり、涙が出てきてしまうシーンがたくさんあります。

抑えられない感情、どうにもならない現実。

きれいごとだけじゃない現実に直面する3人の少年の姿は、きっと胸に刺さると思います。

何度読んでもおもしろいです。

その時の自分の感情によって感じ方も違うので、私はコミックを全巻揃えております。

壁にぶち当たってる友人がいたら勧めたい漫画です。

最近、週刊ヤングジャンプで再開

最近まで連載休止していたようですが、週刊ヤングジャンプにて再開されたそうです。

なので、続きも楽しみです。

画集などグッズが出れば、とても気になりますね!

井上雄彦さんのグッズは購入したことはありません。

が、スラムダンクのイラスト入りのバッジなど、とてもかわいいものが多いのでグッズもおすすめです。

巷で噂されているリアル実写化なんてことがあれば、私は必ず観に行きますね。

井上雄彦さんのバガボンドという宮本武蔵の生涯を描いた漫画も、とてもおもしろいのでオススメです。

まだ完結していないのでこれから読み始めてはいかがでしょうか。

30代半ばの男性で、定期的に漫画やアニメをチェックしています。

その中でも個人的に好きな漫画が、聖闘士星矢です。

小さい時からずっと読み返しています。

聖闘士星矢の公式サイト

公式サイトは「http://saintseiya-official.com/」です。

ストーリーやキャラクターなどが細かく説明されています。

この漫画はアテナの聖闘士として戦う5人のブロンズセイントを中心に話が進められており、強大な敵と戦っていく漫画になります。

個人的に好きな部分

個人的に好きな部分として、聖闘士は色んな必殺技を身に付けているのですが、必殺技を放つシーンがとても好きです。

特に、ゴールドセイントジェミニのサガとカノンの必殺技であるギャラクシアンエクスプロージョンは、必見です。

びっくりするような作画がされており、細かい部分まで描かれているので衝撃を受けました。

どれも見所

主な物語は黄金十二宮編、ポセイドン編、ハーデス編になっており、どれも見所が多いです。

コミックはすでに購入しており、自宅に全巻揃えている状況です。

妻と一緒に聖闘士星矢の話をすることがあり、お酒が入ってしまうと何時も以上に熱く語ってしまいます。

小さい時に聖闘士星矢のフィギュアがいくつも販売されており、今も自宅に大切に保管しています。

に聖闘士星矢がもっとも好きな漫画なのですがその次に好きな漫画は、キャプテン翼です。

今もキャプテン翼は、ライジングサンとしてオリンピック編が掲載されています。

白熱したサッカーの試合を観ることができるので楽しみです。

PAGE TOP