カテゴリー「 アニメ大好き 」の記事

39件の投稿

「恋のめまい、愛の傷」本当の愛し方を教えてくれた私の恋愛の教科書

20代前半の女性です。

私は「恋のめまい、愛の傷」という漫画が好きです。

「恋のめまい、愛の傷」のあらすじ

主人公、更紗が婚約者の亮と共に日本へ帰国したところから物語が始まります。

この帰国の目的は、亮の家族への挨拶でした。

そこで亮の実の弟として出迎えたのはなんと昔の元恋人、琳。

3年ぶりの再会、終わったはずの恋が再び動き出していくという内容です。

「恋のめまい、愛の傷」は、有名な一条ゆかりさんの作品

この漫画は有閑倶楽部でも有名な一条ゆかりさんの作品です。

昔に発行された本です。

が、偶然この本を知り、気になり出したことから、コミックを購入しました。

全部で2巻の作品です。

普段はあまり購入しないのですが、巻数も少ないことが購入を後押ししてくれました。

気軽に購入した感じです。

読み始めるとドキドキと切ない気持ちで胸がいっぱいに

いざ読み始めるとドキドキと切ない気持ちで胸がいっぱいになりました。

素直になれなくて不器用な愛をぶつける琳。

それを乗り越えた真っ直ぐな愛。

兄の婚約者だからダメだと分かっているのに互いに惹かれあってしまう更紗と琳。

婚約者を裏切らことは出来ないと葛藤する更紗。

そして亮のずっと好きでやっと手に入れた更紗への思い・・・。

などなど、3人の気持ちが交差する場面が泣けるほど切なくて好きです。

一生分の恋愛をしたような気持ちを味わせてくれる漫画

たった2冊で一生分の恋愛をしたような気持ちを味わせてくれる漫画です。

同世代で周りにこの本を知っている人があまりいない為、これをきっかけに皆さんにもオススメしたいです。

2001年に台湾で「烈愛傷痕」というタイトルでドラマ化されたそうです。

とっても素敵な作品なので日本でも映画化して欲しいなと思います。

天使なんかじゃない

30代後半女性です。

ハマっている漫画は、『天使なんかじゃない』です。

『天使なんかじゃない』のストーリー

明るく元気いっぱいの主人公、冴島翠が新設の学園で副生徒会長に選ばれる所から話が始まります。

翠は、見た目は不良でも心が優しい須藤晃に好意を寄せます。

生徒会、晃との恋や、翠を取り巻く個性的豊かで暖かい友達・先生たちを通じての学園生活が描かれています。

そして、学校は皆んなで作り上げる所であり、楽しい最高の場所という事を教えてくれる恋愛学園ストーリーです。

読み始めたのは小学生の頃

私が『天使なんかじゃない』に出会ったのは小学生の頃でした。

毎月購読していた「りぼん」という漫画雑誌で知りました。

翠の性格や学園生活に憧れ、どんどんこの漫画にハマりコミック本も買い揃えました。

りぼんの付録で応募した『天使なんかじゃない』のプチバックはまだ大切に持っています。

今、この漫画を読んでも

学校ってやっぱりいいなぁ。
また通いたいなぁ。

と思える私の1番のオススメ漫画です。

もう一つのおススメは、『Paradise Kiss』

もうひとつ紹介する漫画は『天使なんかじゃない』と同じ漫画家、矢沢あいさんの『Paradise Kiss』です。

テレビアニメ化や、映画化もされた作品です。

なので有名だと思います。

私はやはり漫画が1番好きです。

矢沢あいさんの描がく絵のタッチは繊細で綺麗です。

そして、彼女の作品はいつも時代の流行を捉えていてセンスある作品が多い事が魅力だと思います。

『Paradise Kiss』は服飾系をテーマにしているので、ファッション雑誌のように読めて楽しめる漫画です。

スラムダンクは、今、色々な出版形態で楽しめます

40代半ばの男性です。

好きな漫画は、スラムダンクです。

作品自体は古いので作者の公式サイトしかありませんが、URLは以下のとおりです。

スラムダンクの内容

この作品は、今で言うヤンキー主人公である桜木花道が、高校入学した時から始まります。

ふとした出会いから飛び込んだバスケットボールの世界。

バスケットに惹き込まれ、周りの登場人物を巻き込みながら、試合を勝ち進んでいくサクセスストーリーです。

主要人物は、まず最初に同学年のライバルとなる流川楓。

三年生の赤木の三人からスタート。

途中から二年生のリョータ、三年生の三井を加えていくことになります。

このあたりは連載当時の少年ジャンプの主流であった「登場時点ではライバルだが倒すことによって最強の仲間になっていく」という流れをくんでいます。

主要登場人物5人のそれぞれの成長物語に加え、ライバルチームである他校のキャラクターも、それぞれが個性的で読者を飽きさせることがありません。

そしてずっと勝ち続けるわけではなく、敗北を経て更に強くなるという成長もキチンと描かれています。

単行本をあらためて全巻通して読んでみると

連載当時は気づきませんでしたが、単行本となってあらためて全巻通して読んでみると、この物語は、主人公の花道が高校入学してからわずか三〜四ヶ月の間の話であったことに驚きます。

それくらい展開にまだるっこしさは感じられません。

作画・コマ割りも、話が進むにつれてどんどん上手くなっていっているのが感じられてとても良かったです。

作品としては特に後半未回収の伏線を残したまま完結することになります。

が、これはこれで読者の想像が膨らむので良いのかもしれません。

それでも、何年か経って作者の気が変わって続編を描こうと思ったら、いくらでもストーリーが考えられそうです。

なので、期待はしないで待ってみようかな・・・とも思います。

様々な体裁での巻が出ています。

ちなみに、今なら連載当時のカラーページも再現した「完全版」や、ストーリー展開によって巻の区切りを分けた「再編集版」が出ています。

お好きな方で、久しぶりに読んでみるのも良いかもしれません。

更に、「あれから10日後」と題して、作者自ら描き下ろしたアフターストーリーもあります。

本編が好きな方は是非読んでみてください。

その他に好きな漫画は「風雲児たち」、「桜玉吉の漫画全般」、「インベスターZ」、「ジョジョの奇妙な冒険」などです。

PAGE TOP