私の好きなアニメは プロサッカー選手も見ていたという、サッカーアニメ「キャプテン翼」です。知ったきっかけは、兄がテレビで見ていたので一緒に見るようになりました。1994年から1年間、土曜日の朝に放送されていました。あらすじは、ボールは友達が信条の主人公大空翼が、幼いときにトラックにはねられ、遊んでいたサッカーボールがクッションとなり、助かったのがはじまりです。そこから、サッカーを通じて、友達との出会いやライバルとの闘い、翼自身のサッカー人生と成長を描いたアニメです。魅力的な部分は、シュートやドリブル、パス、すべてにおいて多彩な必殺技があり、またアクロバティックにゴールを奪うところや、試合に決して諦めない心と仲間の大切さを、わかりやすく描かれているところです。キャプテン翼を知る人は、誰しもオーバーヘッドやツインシュートの真似を知っていたと思います。私はキャプテン翼でサッカーを始め、約15年間、プロサッカー選手という夢に向かって、努力してきました。その中で経験し、自分の為になったことがたくさんあります。諦めない心や共に試合をしてきた仲間、1つの事をやり遂げる精神 高校では、サッカーの特待生で入学し、寮生活もしました。親から離れ、洗濯、炊事、買い物、全て自分の事をしなければならない生活。今でもそれが活かされていることが実感できます。サッカーをするきっかけを作ってくれたキャプテン翼は、私にとっては、人として大きな成長をさせてくれたアニメです。