私は、田舎でオタク趣味を満喫する30代のおじさんです。
いろいろな漫画を読みましたが、今一番のお気に入りは、『仮面ライダーSPIRITS』です。
この作品は、仮面ライダーの昭和シリーズをもとにした漫画であり、特撮ドラマで登場したキャラクターや小ネタなどがたくさん出てきます。
昭和ライダーを見て育ったヒーロー好きな私にとっては、懐かしさを感じさせてくれる作品です。
特に気に入っているのは、昭和ライダーの中でもマイナーなZX(ゼクロス)をメインキャラとして扱っていることです。
ZXはテレビスペシャルだけに登場するレアな仮面ライダーであり、その物語が映像で長く語られることはありませんでした。
作者の村枝賢一先生は、そのZXの物語を大きく膨らませ、長編漫画として仕上げています。
出番が少なかったZXは、「もしかしたらこんなストーリーがあったのかも」と想像する楽しみがあるライダーでした。
この漫画は、村枝先生流のZX物語なのです。
3部構成になっており、第1部では、ZX以外の先輩仮面ライダーたちが、新しい敵と遭遇する様子が描かれました。
第2部で仮面ライダーZX誕生の物語を描き、現在連載中の第3部では、すべての仮面ライダーが力を合わせて敵と戦っています。
あくまでも村枝先生の考えるZXなので、原典の特撮ドラマには登場しないキャラクターや設定もありますが、漫画ならではのアレンジとして楽しく読んでいます。
最近は終わりに向けて盛り上がっているので、ますます目が離せなくってきました。
講談社の公式サイトで試し読みができるので、気になる人はチェックしてみてください。
http://www.gmaga.co/comics/kamenrider_spirits/
他には、『名探偵コナン』『BLEACH』『To LOVEる』といった少年漫画を好んで読みます。
子供の頃に感じたワクワクをいつでも楽しめるのが、少年漫画の魅力だと思っています。