私が好きなアニメは、2012年に放送されていたジョジョの奇妙な冒険というアニメです。

私がこのジョジョの奇妙な冒険のアニメを知ったきっかけは、インターネットでアニメ情報を検索していた時に偶然知りました。

そしてこのジョジョの奇妙な冒険というアニメが始まると知った時に、私の地域ではどこの放送局で見れるか調べたら、BS11で毎週金曜日の夜中の12時30にやるのが分かって、毎週金曜日になるのがすごく楽しみでした。

実は私は、このジョジョの奇妙な冒険という作品は漫画では第4部以降しか読んだ事がなかったので、このアニメが放送される内容の第1部と第2部はどういうストーリーか全く知らなかったので、当初はとりあえず同じジョジョの奇妙な冒険だし見てみるかくらいにしか思ってませんでした。

ですが、いざ放送がスタートして第1話を見ると、始まって数分もしないうちにすぐにこのアニメに引き込まれていました。

それはどういった点で引き込まれたのかというと、それまでのアニメではありえなかった漫画の表現手法である擬音がそのままアニメでも使われていて、それが不自然になるどころか逆に新鮮でかっこいいと素直に思ったというのがあります。

また物語自体も大昔の漫画作品にもかかわらず、すごく引き込まれるストーリーで、主人公はなんか古臭い感じがするのですが、敵のディオやカーズ、エシディシ、ワムウ、サンタナなど魅力的なキャラが出てきたり、昔よくあった戦いの状況を終始解説するスピードワゴンやシュトロハイムといった濃いキャラが出てきて、ものすごくおっさんを熱くさせるアニメでした。